士業ロゴデザインの例

How To – 士業のロゴ作成
Home » 士業のロゴについて » 士業ロゴデザインの例
士業のロゴについて | 10月08日更新

士業ロゴデザインの例

士業ロゴデザインはどのようにやればいいのか、実際に作る段階になるとわからなくて困ることもありますよね。
そのようなときには例を見るといいです。
ロゴ制作をやっているデザイナー・デザイン会社などでは過去に制作したロゴを例として表示している場合も多いです。
そちらを見れば参考になることも多いですよ。

ただ、今見たいのは士業ロゴデザインですよね。
士業のロゴのデザイン例が見たいときは、士業のロゴの制作実績が多い制作会社などを探してみましょう。
すると士業ロゴデザインの例が多く見つかります。
どんなデザインにするか、方向性を考えている段階で見るとイメージがわきやすくなりますよ。

実際に士業ロゴのデザイン例としてどんなものがあるのか、いくつかご紹介しましょう。
ある例ですが、ロゴは植物をイメージしたものとなっています。
士業と植物はあまり関係がないように思えるかもしれませんが、実はそちらの士業の事務所の名前が植物に関連しているものですから、その名前をロゴとして採用したという例になりますね。
ロゴだけ見るとそれが士業の事務所のロゴだとはすぐにわからないかもしれませんが、とても色鮮やかな植物のロゴは見た目もよく、見る人に好感を与えるいいロゴとなっています。

このように士業ロゴデザインだからと、無理にその職業をイメージさせるロゴにする必要はありません。
その他の例でも、一見するとそのロゴが士業の事務所のロゴだとはわからないものはよく見つかります。
たとえば別の例ですが、こちらではちょっとした幾何学の図形がロゴとして採用されており、その図形の下にその事務所の名前の一部をアルファベットで表示するというロゴになっています。
こちらも一見するとそれが士業のロゴだとはわからないかもしれませんが、目を引くいいロゴとなっているのです。

また別の例では、事務所の名前の一部をそのままロゴとして採用しています。
アルファベットをイラストのように描いたロゴとなっており、それを見ただけでその事務所の仕事内容まではわからないものの、その事務所の名前のロゴだとは一目でわかるようになっています。

このように士業ロゴデザインといっても、その例を見ると自由度は高く、無理に特別なデザインを採用する必要はないことがよくわかります。
そしてこれら例を見ることでどんなデザインにするか、イメージがわいてくることも多いでしょう。
これら例はデザイン会社などのHP上で公開されていることも多いですから、チェックしてみるといいでしょう。

top