士業ロゴのデザイン

How To – 士業のロゴ作成
Home » 士業のロゴについて » 士業ロゴのデザイン
士業のロゴについて | 10月08日更新

士業ロゴのデザイン

士業ロゴを制作するためにロゴデザインをどうすればいいか、迷いやすいポイントです。
自分でデザインを決めるにしろ、依頼先に一任するにせよ、最終的にはどのようなデザインをOKとするかは自分が判断しないといけません。
それが士業ロゴになる以上、それぞれの職業をイメージさせるロゴがふさわしいのではと思えるかもしれません。
もちろんそのようなロゴを作ってもいいのですが、無理に職業イメージを込めたロゴにしなくてもOKです。

世の中にたくさんあるロゴをチェックしてみるとよくわかりますが、そのブランドやお店のロゴなど、必ずしもそのブランドやお店の商品・サービスを直接的に示すものとは限りませんよね。
士業ロゴデザインでも同じです。
無理に職業イメージをロゴのデザインに込める必要はなく、自分がいいと思うロゴをデザインしてみるといいです。

ただ、ロゴは今後、自分の事務所などの看板として使っていくことになりますから、そのような使用にふさわしいデザインかどうかは要チェックとなります。
士業だと少しお堅い職業になることが多く、その事務所を利用するのは大人だったり、ときには法人だったりしますよね。
そのような顧客を相手にするときだと、落ち着いたデザインの方が使いやすいことは多いでしょう。
このような点には注意しつつ、自分の士業ロゴとして気に入るデザイン、ふさわしいデザインを作るといいです。

ロゴデザインを作ったり、方向性を決めたりするときの基本として、ロゴの種類を知っておくといいでしょう。
ロゴといえばアイコンのようなイメージが強く、それは図形やイラストのようなものだとイメージしている方も多いでしょう。
そのようなロゴも確かにありますが、すべてのロゴがそういうものではありません。
ロゴの中には文字をロゴとして使ったものもよく見つかります。
なにかイラストや図形のようなものにするのか、それとも文字をロゴとして使うのか、どちらにするかで方向性が大きく変わります。
イラストや図形の方向性で行くなら、どのようなデザインにするか、希望を自由に考えてみてください。

案がうまく浮かばないときは文字をロゴとして使うのも考えてみるといいです。
ロゴとして使う文字は自分の名前だったり、事務所名だったり、それらの頭文字などを使ったりすることが多いですね。
すでにロゴとして使う文字が決まれば、あとは大きさやフォント、カラーなどを決める形となるため、比較的デザインしやすくなります。
このようなことをふまえて自分の士業ロゴデザインをどうするか少し考えてみてください。

top