司法書士のロゴデザイン

How To – 士業のロゴ作成
Home » 士業のロゴについて » 司法書士のロゴデザイン
士業のロゴについて | 10月08日更新

司法書士のロゴデザイン

司法書士として活動するときにロゴが作られることもよくあります。
このロゴデザインはどうするのがいいでしょうか?
司法書士を示すロゴデザインが思い浮かばずに悩むかもしれませんが、司法書士らしいロゴというものはあまりなく、実際には各司法書士の名前や理念などからデザインが決められている例が多いです。
そのため実際に使われている司法書士のロゴを見てもあまり大きな共通点はありませんし、そのロゴ単体で司法書士のロゴだとすぐにわかるものもそれほど多くありません。
司法書士らしさに強くこだわる必要はありませんから、ロゴを作るときには比較的自由にデザインを考えてみるといいです。

押さえたい基本的なポイントは、司法書士の事務所の看板として合うかどうかです。
ロゴ単体で見ると悪くないと思っても、それを司法書士の事務所のロゴとして使ってみると、ややミスマッチとなるようなロゴは避けたいですよね。
そうならないためには、自由にデザインを考えてOKとなるものの、奇抜すぎるデザインは避けて落ち着いたデザインを選ぶといいです。
司法書士の事務所はやや堅い雰囲気となることが多いですよね。
そのような雰囲気にも合う落ち着いたデザインにすると司法書士のロゴデザインとして合いやすくなります。

このほか、司法書士のロゴとなると誠実さや落ち着きが必要になることも多いですよね。
その関係で色はブルーやグリーンが使われることも多いです。
これら色を使うと落ち着いた雰囲気を出せますし、その色からはクリーンな印象を与えられるため、司法書士のロゴデザインとして使われることも多いのです。

あとは基本的なロゴデザインの作り方ですが、その司法書士の事務所名の一部をアルファベットで表記したり、頭文字のアルファベット一文字をロゴのデザインとして使ったりすると、簡単に基本的なロゴの形を作れます。
そのような方向でロゴデザインを考えると、自分でもいくらかの原案や方向性を考えられるでしょう。
また、自分がモチーフとして使いたいものがある場合、それをロゴとして採用してもOKです。
司法書士のロゴデザインにも使われることがあるのは、花や若葉、樹木といったものです。
これらをロゴのデザインに取り入れたいと思えば利用してみるといいでしょう。

このような形で司法書士のロゴデザインを練れますが、実際にデザインを作ったり、完成させたりするときには依頼も考えてみるといいです。
ここではデザインの相談もできますから、いいデザインが浮かばないときなどプロのデザイナーまで相談するのもおすすめです。

top